menu

園について・入園案内

地域に根差した幼児教育の場として

一之宮相和幼稚園は、昭和52年4月に学校法人立の幼稚園として開園して以来、地域の皆様に親しまれ、多くの卒園児を送りだしてまいりました。
私たちは、地域に根ざした幼児教育の場として、地域の子供たちの成長を見守ってまいりました。
子どもたちにとって、様々な問題や不安が囁かれる今の時代だからこそ、幼児教育の原点に立ち返り、子ども達一人ひとりの成長の基礎を、幼稚園でしっかり育んでいきたいと考えております。

一之宮相和幼稚園の教育姿勢

一之宮相和幼稚園は子どもたちの
「考える力」「やさしい心」「つよい身体」を育てます

つよい体

広い園庭を生かした外遊びを保育の中で充実させています。
日々、外で元気よく遊ぶことで丈夫な体をつくり、様々な運動能力の基礎を培っていきます。

やさしい心

集団での生活の中で、子どもたちは自分自身を発見し、他者を認めることを学び、その中で、相手に対する思いやりの心が育まれていきます。

考える力

「考える力」「工夫する力」
幼児期は遊びを通じてこうした力を獲得していきます。保育の様々な場面で、子どもたちに選択肢を与えるなど、考える力を育む保育をしています。

令和3年度 新入園児募集について

入園願書配布

配布日時:令和2年10月15日 午前9時~17時
配布場所:一之宮相和幼稚園 正面玄関

  • ※10月16日~30日までの平日、上記時間帯も配布致します。
  • ※配布枚数に制限はありません。ただし、入園希望児1名につき1部とします。
  • ※料金は無料です。
入園願書受付

受付日時:令和2年11月1日 午前9時より
受付場所:一之宮相和幼稚園 こすもす教室前(変更となる場合があります)

  • ※受付は優先枠の方・一般枠の方に分け、先着順で受付致します。
  • ※募集人数に達しましたら受付を終了致します。
  • ※募集人数は願書と一緒にお渡しする募集要項をご確認下さい。
ページ
トップ